鴨々川の灯籠流しで癒やされよう

夏の札幌行事の1つに「鴨々川の灯籠流し」があります。

都心にもかかわらず、まるで時が止まったかのような静寂な雰囲気を醸し出す灯籠流し。

札幌でもやってるの知ってましたか?

スポンサーリンク

毎年8月15日に鴨々川護国神社で開催

鴨々川の灯籠流しは毎年8月15日と日程は固定されています。

灯籠流しとは、お盆に行われる送り火の1種で、灯籠を川や海に流し、ご先祖様を弔うための行事です。

ゆらゆらと揺れながら夜の鴨々川を照らすその風景は、観るものの心を奪い、何とも言葉には言い表せない美しさが有ります。

お祭りではありませんので・・・

見ていて心が癒やされる鴨々川の灯籠ながしですが、これは宗教行事出会って、お祭りではありません。

皆さん、ご先祖様の弔いに来られているので、騒ぐためとか、遊ぶための行事ではありませんので、行かれる場合はそういった点も考慮するようにしましょう。

灯籠流しとは
灯籠流しとは、灯籠流し(とうろうながし)は、死者の魂を弔って灯籠(灯篭)やお盆の供え物を海や川に流す日本の行事。とうろう流しや灯篭流しとも表記する。
出典:Wikipedia

 

アクセス・開催案内

鴨々川護国神社は地下鉄幌平橋が便利です。

開催地 札幌市中央区南15条西5丁目
鴨々川護国神社付近
アクセス 市営地下鉄南北線 幌平橋駅徒歩1分
時間 2016年8月15日
18:00行列出発 18:30灯籠流し開始
駐車場 無し
問い合わせ 011-511-7634(妙心寺)