アパホテル、冬季アジア大会期間中は客室内の書籍を撤去の見通し

アパホテル 書籍 冬季アジア大会

大手ホテルチェーンのアパホテルの客室内に置かれている書籍の内容について中国外務省が日本政府に対して抗議した問題で、札幌のアパホテルが関わってくることに。

アパホテルは「言論の自由」があるとして書籍の撤去はしない考えですが、間もなく始まる冬季アジア大会の札幌開催に伴って、やや騒がしくなってきた模様。

スポンサーリンク

事の発端はNHKの報道

NHKが19日、冬季アジア大会の組織委員会がアパホテル側に対し、中国参加者に配慮するため書籍の撤去を要請したと報じた。

しかし、組織委員会側はそのような要請はしていないとし、NHK側に抗議しています。

同様にアパ側も、選手村として利用する旨の打診があった時点で、一切の情報誌の撤去を要請されたことは認めているが、今回の騒動以降にそのような要請があったことは否定しています。

高橋はるみ知事の見解

高橋はるみ北海道知事は20日の定例記者会見で、「冬季アジア大会、観光立国・北海道という立場からすると、それぞれの国々の方々に気持ちよく泊まっていただきたい。あまり不快な思いを持ってもらうのはどうなのかなと率直に思う」と述べ、具体的な発言はしないものの、アパ側をけん制するような言い方。

言論の自由、思った以上に賛同者が多いという点からも、直接的な発言は控えている。

アパ側の今後の対応

これを受けてアパホテルは、「言論の自由があるという点から、批判されたことが理由で書籍の撤去はすることは無いが、ホテル業としてゲストの要望に応える事は当然の事」と冬季アジア大会での選手村となるホテルにおいて、該当の書籍の撤去をすることを示唆しています。

アパホテルっていろんな本あるよね

実は↑この本も↑アパホテルの客室に置いてあるんです。

漫画なんですが、簡単にいうと、アパグループが始まってから現在までのストーリー。内容がどれほど脚色されているのかは不明ですが、主人公が美化されているというのは共通認識の様です・・・

でも、安くて全国どこにでもあるアパホテルは、今回の騒動とか以前から好きなホテルだけどね。