豊平峡温泉で楽しむ本場のカレーをナンで喰らう

ONSEN食堂豊平峡温泉

札幌の秘湯、豊平峡温泉にネパール人が作る本格的なカレーレストランがあるという。

そんな情報を得て「ONSEN食堂」へ。

「秘湯+カレー」というなんとも理解し難い組み合わせも、その理由と味を知ったなら全て納得のオススメグルメスポットだったということでご紹介します。

スポンサーリンク

解雇せずに温泉で勝負

なぜに豊平峡温泉の様な秘湯の温泉施設でネパール人が?

と疑問に思いましたが、実はこの温泉の社長が、すすきのでインドカレー屋を営んでいた時に雇っていたネパール人を解雇するのを不憫に思い、そのままこの温泉施設を開いた時に連れてきたとのこと。

なるほど、納得。

ナンと食べるスープ風のカレー

札幌のスープカレーというと「カレー味のスープ」という印象ですが、ONSEN食堂のカレーは「スープ風のカレー」を味わうことができます。

もちろん辛さを選ぶことができますが、ガツンとした辛さがくるわけではなく、食べていると少しずつピリピリするくらいで中辛でもそんなに辛くはありません。

スープとカレーの中間くらいのとろみがあり、口当たりがとてもまろやかなカレーです。

original houheikyou7

ナンは本場っぽくビッグな脱日本サイズ。

窯から焼きたてのナンで本場っぽくカレーを食らうということのようです。

とは言うものの、とても食べやすく、ちぎって食べていると意外に食べ切れてしまいます。

食感は、外はパリッと、中はモチモチ。カレーとの相性が良い感覚。

もちろん、様々な味のカレーがあるので、お好みでどうぞ。

ファミリーや女性に圧倒的な人気

この日の来客状況を見ると、ファミリーや女性がとても多いという印象。

もちろん場所柄ツアー客なども多いですが、子連れでも女性同士でも安心して楽しめる雰囲気がある。

カレーの他にもジンギスカンや蕎麦などのメニューも豊富で、雨天でも室内のテラスから外の庭園を見ながらテーブルで肉を焼いて食べることもできます。

ここ「ONSEN食堂」は食堂の利用だけでも入ることができますので、ぜひ食べに行ってみてください。

いつも気さくなネパール人のスタッフも、歓迎してくれます!

houheikyou7

アクセス・営業情報

houheikyou12

札幌方面から国道230号線を中山峠へ向かい定山渓温泉を超えると、豊平峡温泉の大きな案内看板が見えます。

やわらぎの里 豊平峡温泉内

ちなみに、豊平峡温泉は宿泊施設ではないのでその点はご注意を。定山渓に宿泊の時に湯めぐりなんて良いかもしれません。

所在地 札幌市南区定山渓608-2 豊平峡温泉
アクセス じょうてつバス 豊平峡温泉停留所下車
営業時間 11:00~22:00(LO)
定休日 年中無休
席数 97席
喫煙 喫煙室有り
TEL 011-598-2410(予約不可)