日本一ヤバい?自己責任動物園「ノースサファリサッポロ」

危険な動物園ノースサファリサッポロ

最近YOUTUBEで世界の動物園での事故映像が流行っている?ようですが、札幌に一番それに近い動物園が有るのをご存知でしょうか?

「触れ合える動物園」言うだけ有って実際に動物たちと触れ合うことができるのだが、その本質は「自己責任動物園」・・・

つまり、触れ合うのは自由だけど動物たちだってお腹は空いているし、歯だってある。

噛みもすれば追いかけても来る。

そういうところ、自己責任でヨロシク。

というわけ。

とーっても危険で、とーっても面白い所なので紹介しようと思います。

スポンサーリンク

入場前によく読んで!

札幌南区、定山渓温泉手前を少し山に登っていった所に、今回紹介するノースサファリサッポロがあります。

外観はこぢんまりとした、自家製動物園といった雰囲気。

決して立派な鉄筋コンクリートの建物が迎えてくれるわけではない。

ノースサファリサッポロ11 northsafari1

入場はホワイトライオンから・・・

ここに「免責事項」なる看板が・・・

northsafari2 northsafari3

意を決して中に入っていく。

img_4281

ライオンの口の中は、どこぞの遊園地のお化け屋敷の入り口の様な雰囲気。

スピーカーからは脅し文句が流れ、小さな子だと泣いてしまうかもしれない。

一応リタイアコースも有るので、こういうの苦手な方は横から入るようにしよう。

ネタバレ防止の為、ライオン内はモザイクにしておこう。

お化け屋敷のような「ビックリ装置」は一切ありません。

目が合うとカンガルーとワラビーが寄ってくる

最初のエリアは南半球エリア。

「南半球の動物たちが見れる」と思って立ち入ると厄介な目に。

「南半球の動物たちが寄ってくる」エリアだ。

northsafari9 northsafari6

カンガルーやワラビー達が放し飼いにされている・・
この丘の上でニンジンが売っているのだけど(100円)、それを買う姿を見られたらたちまち・・・

northsafari7
エサくれ!と寄ってくる。

northsafari12

northsafari13
器用に手で持って食べる。
この後、一気に食べずに3回位に分けてよく噛んで食べる。

ワラビーが「俺にもよこせ!」と寄っかかってくる。img_4378

ペンギンも居る。注意看板に「噛む!BITE!」と書いてあったので、さわらないでおこう。img_4297

northsafari5
ちなみに、同じエリアに居るペリカン達。
この子達も噛むそうだ。それに何の前触れもなく急に羽を広げたり、近づいてきたりする。

さて次に行こうか。

↓次ページへ↓