冬季アジア札幌大会の中国人選手団のホテルがアパホテルからプリンスホテルに変更!!

アパホテル 南京

アパホテルの客室内に南京事件の存在を否定する書籍が置かれていることに中国側が抗議している問題を受け、大会組織委員会は中国人選手団の宿泊先をアパホテルからプリンスホテルに変更する方針を固めた。

この騒動、まだまだ尾を引きそうだ。

予てより退会を主宰するアジア・オリンピック評議会(本部:クウェート 以下OCA)が大会組織委員会に対し、開催期間中の書籍の撤去を求めていました。大会組織委員会としては直接的にアパ側に書籍の撤去を求めたことは無いと言うが、アパ側は「書籍問題は抜きにしても、ゲストの要望を聞くのがホテルの務め」とし、書籍の撤去の方針を示していました。

アパホテル 書籍 冬季アジア大会
アパホテル、冬季アジア大会期間中は客室内の書籍を撤去の見通し

更にOCAは開催期間中の中国人選手団の宿泊先を変更することも大会組織委員会に求めており、27日には中国オリンピック委員会(OCO)からもホテル変更の要請があった。

これを受け大会組織委員会は、選手村に指定するアパホテルとプリンスホテルの2施設での宿泊者の割り振りを再検討する方針を示しました。

選手用の宿泊施設には、アパホテルに1800人、プリンスホテルに500人分の客室が既に確保されている。