札幌への移住を検討するときに最初に考えるべき事

札幌 移住

関西から札幌に移住してきた僕からすると、札幌というのは非常に住みやすい街であり、自身の移住は成功したと思っている。しかし、何もかもが順風満帆に行ったわけでもないし、札幌に住んでいて不満に感じることだってたくさん。

もしかすると、このブログを読んでくれている方の中には、札幌(または北海道)への移住を夢見ている人も居るかもしれないと思い、今回は「札幌へ移住をしたいと思ったときに最初に考えるべき事」として様々な注意点をご紹介します。

敢えてネガティブな面から紹介することになると思いますが、理想ばかり持って移住してきて、後になって「こんなはずじゃ」って思ってもらいたくないので、あしからず。

生活の糧となる仕事は、決して良い状況とは言えない

札幌 移住 仕事 求人

リタイアされて年金と貯蓄で余生を過ごされる方や、札幌支社などへの転勤の方は特に関係ありませんが、札幌で生活をしていくためには働いてお金を稼がなければなりません。

一方、札幌の求人状況というと、国内有数の大都市ということもあり、全く仕事が見つからないということは無いですが、東京のようにありとあらゆる仕事が存在するわけでもない

例えば求人誌には、営業職・飲食店・店舗スタッフ・作業系・コールセンターの仕事が多くを占、IT系やクリエイティブ系の仕事は非常に少なく、放送や芸能系の仕事は皆無に近い。

札幌 コールセンター キツい
札幌で多すぎる求人!キツいと言われるコールセンターの仕事の良いところ、悪いところ

もちろん、その仕事に自信や経験があるのであれば問題は無いと思いますが、給与は東京とかと比べるとひっじょーに低い

時給1000円(日給8000円)以上を狙うとするなら、コールセンターか、建築作業系か、夜勤って感じに絞られてきます。

「移住しよっかなー」とか「移住したいなー」と思ったとき、一番最初に考えるのは仕事の事だと思いますが、全国的には平均より相当悪いと思います(沖縄ほど悪いとは思いませんがね)。

もっとも、仕事を選ばず、「札幌に住めるならどんな仕事でもやったるで!」くらいの覚悟があるなら、普通の人なら何らかの仕事には就ける環境だとも思う。

また、北海道では農業が盛んな印象があるが、札幌は農地が少なく、海も無い街なので、札幌で農業漁業をやるのはちと厳しい。

住居に関しては心配する必要はなさそう

札幌 移住 住居

当ブログでも触れたことがあるんですが、札幌の賃貸環境は比較的優れています。地下鉄乗車10分で中心部まで行けるような場所でも、家賃は2万円代から選ぶことが出来ます。

ファミリータイプの2LDKなどでも、6万円もあればそれなりの所に住めてしまう

1つ注意しておかなければいけないのは、「札幌は無職者が部屋を借りることが非常に難しい街」と言うこと。

以前、友人が東京で頑張る!って上京した事があるんですが、「求職中」の身分でも入居できる部屋はいくつか有ったようです。

しかし札幌に至っては、賃貸ネットワークがシステム化されており、収入と家賃のバランス保証会社の審査結果次第という、人情味のない、システマチックな入居審査が行なわれます。

不景気で家賃滞納者が多いことから、「入居してもらう」ということよりも、「この人が家賃を滞納しない可能性はどれほどのもんだ?」という視点で入居審査を行なう管理会社が多いです。

よほどの貯蓄が有ることを証明できない限り「求職中」なんて身分だと、なかなか入居は厳しいと考えるべき。部屋を探す前に、仕事を決めなければなりません。

「とりあえず住んでみてから考えよ~」なんてことが出来ない街です。

札幌 激安アパート 15000円
札幌の激安アパートに潜入!家賃15,000円ってどんな部屋なの!?
札幌 激安マンション
【続編】今度は札幌の2万円以下の激安『マンション』に潜入してきたぞ。

冬の雪や寒さは大丈夫か?

札幌 大雪

▲実際に住んでるマンションの駐輪場の様子。一晩でこの有様。地面はロードヒーティング。

説明するまでも無いです、札幌の冬は厳しいっすよ?

札幌は道内でも比較的雪が多い街で、毎年除雪が追いつきません。

駅へ歩いて向かうときに、自らの足で除雪しながら歩かなければいけないことも当たり前になります。

まじ、出勤前から靴下ビッショビショになるから。

かといって、作業用の長靴を買うわけにもいかないんで、冬になるとUGGやHUNTERを履いた人がゴロゴロといます。

朝、吹雪の中を歩いていると、「もう、いい加減にしてくれ」と、10年たった今でも毎年のように思います

それに暖房費だって馬鹿にならない。灯油暖房や都市ガス暖房の家なら比較的安く済むが、プロパンガスの暖房の家なんかに住むと、冬の暖房代がとんでもないことになる。

昔プロパンガス暖房のアパートに済んでいたとき、1ヶ月のガス代金が25000円を超えたことだってあります。ワンルームの1人暮らし、自炊無し、シャワーのみで!!

車も服も金がかかる

雪国の人はみんな同じなんだろうけど、車と衣服は夏用と冬用が必要です。

当然タイヤは夏用と冬用を用意しなければ!!家にトランクルームや物置があればいいけど、無かったらガソリンスタンドにタイヤ預けて4000円~8000円(半シーズン)ね。

スタンドに行く度に、「いやーゴムが固くなってるし、そろそろ変え時っすよぉ~」というテンプレを毎度聞くことになる。

それに、四駆で有る必要は無いけど(反論有るかもしれないが、自分自身FRでなんとか問題ないので)、車高が低い車はノーマル車高でも厳しいっす。雪の轍で腹を擦って、フロントバンパーで雪をかき分けるラッセル車みたいないなもんです。

むかし乗ってたクソボロのBMWは、雪の轍で腹を擦って、カバーが剥がれて修理代8万。50万で買ったボロ車なのにだよ。

毎年春先になると、バンパーが割れた車がよく走ってますし、路肩には「絶対バンパーだよね!?」というのが転がってることも。

服だって、冬用のアウター以外に、秋春に着る薄手のアウターも必要になる。男性の革靴は、夏用の底のものと、冬用の底のものを用意しなきゃなんない。

まじ、冬対策費を舐めてちゃ痛い目見るからほんとに。。。

札幌 大雪
24日JR札幌駅が全面運休、23日夜の新千歳空港は6000人が空港泊

札幌は夏も暑いぞ!

札幌 移住 暑い

僕自身の一番の失敗でもあるのだが、札幌は夏は涼しいと思ったら大間違い。

確かに、夏の期間が短いのは事実。しかし、温暖化が叫ばれている昨今は、北海道が全国で一番暑いと言う日も珍しくない。もっとも、最高気温になるのは札幌以外の旭川や帯広、北見であることが多いが、札幌もやはり暑い。

しかし、札幌は夏の暑さ対策があまり取られていなくて、賃貸マンションの多くはエアコンが無い

最近の新築マンションでも、エアコンを付けることが出来るようにはなっている(ダクト穴やコンセントの設置)が、築10〜15年より古い物になると、エアコンが付ける事が出来る状態にすらなっていないところが多い。

地下鉄内の冷房も、東京のそれとは大違いで、乗った瞬間にモワッと、嫌なジトジト感に襲われる。

まぁ9月にもなれば涼しくなるのでほんの僅かな期間なんだけど「札幌の夏は涼しいんだー」という気持ちで移住すると後悔する。絶対。

何かあったとき、本州は遠いぞ!!

札幌 移住 遠い 移動

本州から札幌に移住を考えていると言うことは、多くの人が親兄弟などの親族は本州に居ることになると思う。

いくら千歳空港〜羽田空港が、世界有数のドル箱過密路線(世界3位)といえど、やはり遠い。

まず、札幌から千歳空港までがそれなりに距離があるため、東京へ行くのも一苦労だ。それに陸続きで無い以上天候にも左右され、家族に何かあったときも、確実に帰れる保証は無い。

GWはお盆、年末年始などの世間一般の大型連休には、当然飛行機代金も跳ね上がり、予約も取りづらくなる。行って帰って数万円というのは覚悟しないといけない。

僕自身もなかなか実家に帰るタイミングが無く、親や親戚の顔もしばらく見ていないなぁ。。

札幌って普通の街だよ?

札幌 移住 都会

北海道の大地をイメージして札幌に来ると肩すかしを食らうかもしれない。世間一般の北海道のイメージと言えば、牧場、馬、牛、北の国からだったりしないだろうか?

たしかに、北海道のイメージはそれで良いかもしれないが、札幌は普通の街。大都会とは言えないが、日本では比較的大きな都会だ。福岡とか仙台とか、そういう印象。

もちろん、車で1〜2時間走れば、北海道らしい風景を拝むことも出来るが、別に毎日の生活の中にそれがあるわけでは無い。通常は住宅街を抜け地下鉄駅に行き、光の入らない地下鉄に乗って中心部に行き、ビルが立ち並ぶ街をかき分けて職場へ行く。

仕事が終わればすすきのに繰り出して、夜のネオンで至福のひととき。

それが札幌流の生活だ。

早朝、朝靄のなかで自然のパワーを感じたいのであれば、札幌以外で農業をやるべき

それでも札幌が好きなんだな。

辛口で札幌の文句ばっかり言ってみたが、札幌に住んでいる人なら、同調してくれる人も居ると思う。理想だけで移住を考えるのでは無く、あらかじめ悪いところはしっかりと知っておいてほしいです。

もし僕が他の街に移住するなら、やっぱり魅力だけじゃ無くて、悪いところも知っておきたいと思うので。

だいたい、市町村の移住誘致の窓口って、良いことと、誰でもが解るようなデメリットしか教えてくれないですからね。