中央区のドン・キホーテが年内にも狸小路4丁目への移転が決定!!

札幌 狸小路 ドン・キホーテ 移転

以前より噂されていた、狸小路のドン・キホーテが年内に移転することが決定した。

移転先は、狸小路4丁目のKEIZ狸小路店がある平成観光ビル。距離にして約50メートルと、立地的に大きな変更はない。

移転予定は平成29年12月10日。現在ドン・キホーテが入居している、サンデパートビルは解体され、地上28階のマンション・商業施設の構想複合ビルへ建て替えられる予定。早ければドン・キホーテ移転後すぐにでも解体計画が動き出すかもしれない。

当初は、サンデパートビルの建て替えは、2017年度中にも完成を予定していたが、ドン・キホーテの移転先が決まらず、2年ほどずれ込んでいた。

地権者からなる再開発組合は以前よりドン・キホーテがわに撤退を打診していただが、スムーズな移転先決定とはならず、ドン・キホーテの関連会社「日本商業施設」が取得した札幌ナナイロビル(ベガスベガス入居)への移転が有力だったが、最終的にはその西隣への移転となった。

なお、これに伴いKEIZ狸小路店は6月22日をもって閉店する。

現在、北1西1の工事中の再開発に始まり、大通公園の延長、札幌駅周辺の再開発、札幌パークホテルの建て替えと、建築ネタが尽きない札幌だが、ここ狸小路も大きく様相が変わりそう。

札幌駅東口の駐車場に高層ビル計画!!ツインタワーに!?
札幌パークホテル 建替え 会議場
札幌パークホテルが解体、1万人収容の国際会議場併設の方針を固める
大通公園東1丁目延伸
大通公園が東1丁目までの延長する方針を固めた。市が北電に交渉予定