札幌の小中学校で学区外通学をする方法

学区外通学

今回は、札幌市内の小学校・中学校で、どうしても学区外の学校に行かせたい場合、どのようにすればいいかをご紹介しようと思います。

学区外通学を希望する理由は様々だと思いますが、今回紹介する方法を使えば、学区外の小中学校へ通学させることも可能です。

ここでは、札幌市について書きますが、全国の自治体で同じようなシステムが有ると思うので、市役所や教育委員会のホームページや、電話問い合わせで確認してみてください。

学区外通学を希望するのはどんなとき?

まず、学区外への通学を希望するのは以下の2パターンが多いでしょう。

1、引越をしたいが、今まで通っていた学校から転校させたくない場合

2、札幌に引っ越してきたが、教育等で評判の良い学校に通わせたい

まずは1のケースからご紹介していこうと思います。

学区外に引っ越すのに、転校させたくない

このケースにはいくつか方法が有るのですが、病気通院や家の建て替えなどやむを得ない事情があれば相談に乗ってくれます。

ただ、すべての人にやむを得ない事情が有るわけでもないでしょう。
※友達と離れ離れにしたくない はやむを得ない事情ではない

ここでは、そんなやむを得ない事情が無くても使える方法です。

1.子供が児童クラブに入会している(入会したい)が、その学校の子供しか入れない場合
子供のスポーツには市が全面的に応援しています。

2.小学6年生の時(市内に限る)
最終学年で転校って寂しいですもんね。卒業するまでそのままの学校に通学できます。

3.学年途中の時(市内に限る)
例えば7月に引越とか。夏休み終わったら●●君いなくなった、、、ってことが無い様に、学年途中の場合は、その学年が終わるまでは同じ学校に通えます。でも、次の学年からは新しい学区になるので転校は避けられません

4.中学生の学年途中の時(市内に限る)
中学生ともなれば、離れても安全に通学できるので、卒業まで同じ中学校に通えます。

5.隣接する学区への転居の時
隣の学区であれば、問答無用で卒業までそのままの学校に通えます。

6.兄姉が学区外通学を認められている時、その弟や妹
上の理由などで既に学区外から通っている兄姉がいるときは、弟妹は兄姉と同じ学校に通えます。これは下の子が卒業するまで有効です。

これらの情報は札幌市のホームページにも詳細が記載されていますので、確認してみてください。

参考

通学区域外の学校への通学が認められる場合札幌市ホームページ

注意
こういったルールは随時変更される場合が有ります。この記事はあくまで参考とし、最終的には個人個人で市や教育委員会に確認をしてください。

このように、既に希望の学校へ通学している状態で、転校させたくないというのは(余程遠くへ転勤しない限り)比較的カンタンです。

で、問題なのは次のパターン

特定の学校に通学させたいが、その学区にいい物件が無い場合

札幌の公立の小中学校には、教育熱心な学校とか、特定のスポーツが強い学校とか有るみたいです。

そんな中、遠方から札幌へ引っ越してきた家族や、市内間の引越しでも

「○○小学校に通わせたい」という方がいらっしゃいます。

希望校の学区内でスンナリと部屋が見つかれば良いのですが、札幌で人気とされる学校の通学区域は人気も高く、家賃が高めだったり、分譲マンションが多くて賃貸が少なかったりと、なかなかうまく部屋が見つからないということが多々有ります。

そんな状況でも、お子さんを希望の学校へ入学させる方法があります。

1、まず学区内で適当にアパートを借ります。

人気エリアでは有るものの、全くゼロというようなことは考えにくいので大丈夫です。1階とか、古いとか、狭いとかは我慢しましょう。半年~1年位の我慢です。

2、契約が済んだらそのアパートに入居して、住民票を登録して入学手続きをとります。

3、実際に通学を始めます。

4、隣接する学区で、希望通りの賃貸物件を探しましょう。

とりあえず住む場所はあるので、焦らずにじっくり探すことができます。

5、いい物件が見つかったら(上記5:隣接する学区への転居)の方法で、隣接する学区の部屋に引っ越します。

隣の学区への転居であれば、卒業までそのままの学校に通えます。

6、そして最後に最初に契約したアパートを解約します。

この方法のデメリット

この方法であれば特に違法性もなく、希望の学校希望の物件の両方を手に入れることができます。

しかし、以下のようなデメリットが発生します。

  • 物件契約時の初期費用が余分にかかります。
  • 2年以内に退去した場合は払っていた敷金は戻って来ません。
  • 物件によっては敷金以上の短期解約違約金がかかる場合も有ります。

あと重要なのが、学区内のアパートを借りて住民票を登録するなら、少なくともその間は学区内に住まないといけません

「住民票だけ学区内のアパートに置いて、実際には学区外の物件に住む」というのは住民基本台帳法に違反しますし、家庭訪問なんかでもバレてしまいます。

くれぐれもご注意を。