円山動物園のアフリカゾーンがオープン!暑い内にアフリカを感じよう!

先日8月22日、以前から建設が進んでいた円山動物園のアフリカゾーンが完全オープンしました。

エントランスから真っすぐ歩いて、園内の丁度真ん中の位置に完成した大規模な施設です。

今回は、アフリカゾーンでどのような動物達が待っているのかご紹介します!

「キリン館」と「カバ・ライオン館」の2棟

アフリカゾーンは、「キリン館」と「カバ・ライオン館」の2棟の構成となっており、その間をサバンナストリートが縦断し、様々なアフリカの動物が待っています。

元々熱帯動物館に居た動物たちは全てアフリカゾーンに移動し、いままでより更に「アフリカ動物らしい」勇姿を見ることが出来るようになりました。

それではそれぞれどんな動物たちが待っているのか紹介していきましょう。

キリン館

キリン館には、マサイキリン、ダチョウ、サーバルキャットのほかに、ミーアキャットとハダカデバネズミが新しく仲間入りしました!!

terasu

キリンと同じ目線の高さから一望できるテラスがあります。

マサイキリン

円山動物園マサイキリン

アフリカの象徴といえば個人的にはキリン。

ダチョウ

円山動物園ダチョウ

ダチョウの卵は世界で一番大きな卵。つまり世界で人間が確認できる一番大きな単細胞ということ。

ハダカデバネズミ

ハダカデバネズミ

ハダカデバネズミは人間でいう80歳くらいまでは老化しないらしいです。

ミーアキャット

円山動物園ミーアキャット

ピョコッと顔を伸ばすのが可愛い。

サーバルキャット

円山動物園サーバルキャット

ネコ科で一番のスレンダーボディの持ち主。

カバ・ライオン館

カバ・ライオン館では、ライオン、ブチハイエナ、カバ、エランド、モモイロペリカン、コシベニペリカンに出会うことが出来ます。

dsc_6540

水中からカバの様子を見ることが出来たり、、、

rock

ゴツゴツした岩場では百獣の王ライオンを。突き出た岩場「プライド・ロック」に佇むライオンが見れたらラッキー!?

カバ

アフリカゾーンカバ

おとなしそうに見えて超獰猛な動物です。ライオンやトラなども追い返す力があります。

ライオン

円山動物園アフリカゾーン

説明不要の百獣の王。子供にも大人にも大人気。

ブチハイエナ

ブチハイエナ円山動物園

人の獲物を横取りするイメージですが、実はライオンより狩りが上手。

エランド

エランド円山動物園

牛と鹿を足したような見た目でのんびりに見えるが、実は動作は俊敏で、大きな角から肉食動物の獲物になることも少ないんです。

モモイロペリカン

モモイロペリカン円山動物園

円山動物園のペリカンは結構ヤンチャで、獣医泣かせのようです。

最後に

このアフリカゾーンオープンには、様々なトラブルが有りました。

元々は昨年2015年にオープン予定でしたが、アフリカゾーンへの動物輸送中に

・グラントシマウマ 飛馬(ヒュウマ)
2015/8/23 ストレスによる肺水腫

・マサイキリン ナナコ
2015/8/30 誤嚥(ごえん)により窒息

と、新天地での生活をすることなく亡くなってしまい、その為、動物の輸送を中止し、完全開業を遅らせていました。

また、2016年にも雌ライオンのティモンが6/22に病気により亡くなっています。

このアフリカゾーンのフルオープンには、動物たちの犠牲が有ったことは事実です。

アフリカゾーンの見学は、葬式に行くわけではないのですが、心の中で彼らの事思い出しながら見学したいものです。

アクセス・営業情報

円山動物園営業情報

所在地 札幌市中央区宮ヶ丘
アクセス 地下鉄東西線「円山公園駅」徒歩15分
「円山公園駅バスターミナル」からバス乗車約7分
営業時間 夏季営業(3/1〜10/31)
9:30〜16:30
冬季営業(11/1〜2/末)
9:30〜16:00
休館日 毎月 第2、第4水曜日(祝日の場合は翌日)
その他営業カレンダーによる
TEL 011-621-1426