本格的にボルダリング、クライミングを始めたいなら白石のレインボークリフに行ってみて。筋肉痛でバキバキになるから。

札幌クライミング

ボルダリング、クライミングと言えば全身運動になり、ダイエットや健康維持に役に立つ。

更に、ロープに吊るされて重力に逆らって登ることで骨盤の姿勢も良くなるとな。

今回はそんなボルダリングやスポーツクライミングが愉しめる「レインボークリフ」に行ってみたのでそのレポートをします。

本格的なクライミング、ボルダリング施設

中に入って登録、支払いを済ませるとスグにクライミング施設に案内してくれる。

そして、中に入って見上げると思わず声を上げてしまうほどの圧巻な空間が広がる。

札幌レインボークリフ

いや、高けーし。

どうやらココは建設業の免許も持っているらしく、全国のこういった施設の施工が本業のようだ。

ロープを使ったクライミング体験

高くて怖いとはいいながらも、怖いもの見たさもあり、ロープを付けてもらって登ることに。

img_4409

少しビビってます。

ルールは簡単。赤のブロックだけを使ってテッペンまで登るというモノ。

img_4410

赤だけですからね〜。どうぞ登って下さーい。

img_4411

最初に隣のM女史が上り、それを僕が追いかける形に。

img_4412

M女史は少し疲れた様子。僕はドンドン上ります。

img_4406

気がつけばテッペンに。ちなみにこの茶色くなっている辺りから全体的に傾斜が90°以上になっているので、急に疲れてきます。

テッペンまで行ったら手を離すように言われます。

「ロープに体重かけて、手を離してくださーい!」

は!?

いや、離すとか無理だろ。

落ちるって。ロープが切れたら・・・

「ロープは切れないんで離して下さーい」

img_4413

下りはロープでスルスルと降りていきます。

これにてクライミング体験は終了。

続いてボルダリングへ。

ボルダリングは、ロープクライミングと異なり、命綱は付けない。

代わりに足元にクッションがあり、高さもせいぜい3メートル程度。

rainbow_1

これも同じく、色指定のストーンを使って速さを競ったり、無茶な傾斜を登っていったりする楽しみ方が有るようだ。

ここは先程のクライミングと違って安全性も高いため、簡単な説明だけであとはフリータイム。

目指すはトム・クルーズ!!

ミッションインポッシブル

早速、トムになるべく挑戦!!

img_4405

とりゃ!!っと、最初から手が届く所に飛び移る。

高く見えるが、写真ギリギリ下にはマットが有るので全然高くない。

img_4245

腕がプルプル震える。

先に行こうにも、手が出ない。

img_4404

あっ、落ちた。

img_4407

こりゃ無理だわ。

普段運動不足の為、モロに体に堪える

実際、ボルダリング、クライミングと両方やってみて、たしかに楽しめたんだけど、体にダイレクトにダメージが来る。

もちろんこれは日頃運動していないのが原因なので、しっかりと継続すれば、そりゃトム・クルーズだって夢ではないし、もっとレベルの高いことだって出来るはず。

まぁ、鍛えればこんなことだって出来るようになるはず?

東京オリンピックの競技にも

スポーツクライミングは東京オリンピックの新種目にも決定しています。

しかも日本は世界的に見ても相当強い国だそうで。

黎明期より日本人の活躍は目覚ましく、これまでのワールドカップ個人年間ランキングでは、男子リードで1位を3回、女子ボルダリングで1位を4回、日本人選手が獲得しています。日本はチームとしても上位を保ち、ボルダリングでは2014、2015年と2年続けて国別ランキング1位となっています。

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

今後更に注目されるであろうスポーツクライミング、みなさんも一度挑戦してみては?

アクセス・営業案内

所在地 札幌市白石区東札幌2条2丁目3-26
TEL 011-817-5009
アクセス 東西線 東札幌駅徒歩約5分
営業時間 火〜金 14:00〜22:00
土日祝 13:00〜21:00
定休日 月曜日
※月曜祝日の場合は営業
料金 料金表
HP http://rainbow-cliff.co.jp/